貴乃花親方の理事解任決議承認へ…4日、臨時評議員会で

2018年1月4日7時0分  スポーツ報知
  • 貴乃花親方

 元横綱・日馬富士関の暴行問題で、日本相撲協会は4日、両国国技館で臨時評議員会を開き、昨年秋巡業中に起きた事件の報告を巡業部長として怠るなどした貴乃花親方(45、元横綱)の理事解任決議を審議する。

 協会関係者によると、評議員会が昨年12月28日の臨時理事会での決議を承認することは濃厚。初の理事解任が正式決定し、役員待遇委員へ2階級降格となる見通し。

 貴乃花親方は理事を解任されても、2月に予定されている理事候補選挙への立候補を認められており、出馬すれば当選が有力視されている。

 ある評議員は一般論として「解任という言葉は厳しく聞こえるが、実質的には1か月程度の降格。協会からの温情も感じる」と決議への賛成を示唆。当日は貴乃花親方を呼ばず、結果を本人に通達することになりそうだ。評議員会は外部有識者4人と親方出身3人の計7人で構成。4人以上の出席で成立し、その過半数の賛成で承認される。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
相撲
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ