貴乃花親方、春場所4日目以降からの出勤示唆 公式サイトで明かす

2018年3月13日20時46分  スポーツ報知
  • 貴乃花親方

 大相撲の貴乃花親方(45)=元横綱=が13日夜、部屋の公式サイトを2日連続で更新。初日から春場所への欠勤を続けてきたが、4日目以降からの出勤を示唆した。

 同サイトでは、同親方が全休する旨を通達したとする報道は誤りで、日本相撲協会に2日目に提出した文書には、「役員室に常時滞在することは極めて難しく」と表現。通常の勤務時間(正午から午後6時)の間中、役員室にいては、職務を全うできないとした。その上で、「明日以降、貴ノ岩の状況を見極めながら、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)において、対応させていただく予定でございます」と会場に姿を現すことを“予告”した。

 貴乃花親方は12日夜にもサイトを更新して、欠勤の理由を説明。「貴ノ岩は、頭部に負った傷の回復状況から、心身への影響や後遺症等について予断は許さない状況であり、担当医師等と連絡を取りながら慎重に見極めていく必要がございます。 そのため、私は、場所中、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)に常時滞在することは極めて難しい状況でございます。また貴ノ岩の心身への影響を鑑み、正面入口からの出入りをご容赦いただく場合がございます。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます」としていた。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ