稀勢の里、夏場所で横綱昇進以来2度目の皆勤に意欲 春巡業に復帰で10番8勝

2018年4月13日7時0分  スポーツ報知
  • 佐田の海(右)と三番稽古をする稀勢の里

 大相撲で6場所連続休場中の横綱・稀勢の里(31)=田子ノ浦=が12日、埼玉・草加場所から春巡業に復帰した。夏場所(5月13日初日、両国国技館)出場可否に注目が集まるなか「初日まで時間はある。15日間戦えるように心と体を鍛錬したい」と横綱昇進以来、2度目の皆勤に意欲を示した。

 土俵では春場所十両優勝した佐田の海(30)=境川=を稽古相手に指名。左大胸筋などに不安を抱えているが、得意の左差しから寄り切るなど10番取って8勝した。「右前まわしを取って自分の形にしても、横綱に左を差されたら何もできなかった」と佐田の海。土俵下の花籠巡業副部長(元関脇・太寿山)も「動きは良かった」と評価した。

 3月の横綱審議委員会は「(夏場所休場でも)やむを得ない。しっかり体を治して」と年6場所制(1958年)以降ワーストの7場所連続となっても容認するとの見解。既に次の出場場所で進退を懸けると明言しており、復帰時期はギリギリまで慎重に判断する見込み。「いい状態で万全にすることが一番。一日一日、体をつくる」。和製横綱は焦らずじっくりと復活への階段を上る。

(小沼 春彦)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
相撲
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ