貴公俊、付け人暴行問題で書類送検

2018年6月8日7時0分  スポーツ報知
  • 貴公俊

 大相撲の貴乃花親方(元横綱)の弟子の幕下・貴公俊(たかよしとし、21)が3月の春場所(エディオンアリーナ大阪)で付け人に暴行した問題で、大阪府警が傷害の疑いで書類送検していたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。5日付。「寛大な処分」を求める意見付きで、起訴猶予などの不起訴処分になるとみられる。

 捜査関係者によると、付け人は軽傷で示談も成立していることから、起訴を求めない処分意見を付けた。場所後に相撲ファンから告発状が出され、受理していた。

 日本相撲協会は春場所後、当時十両の貴公俊を1場所出場停止処分に、無断欠勤を続けたことも含め、貴乃花親方を2階級降格処分にした。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ