栃ノ心、ジョージアから再来日、お土産多すぎ別便輸送も師匠には「一番いいブランデー」

2018年6月12日20時3分  スポーツ報知
  • 多くのお土産とともにジョージアから再来日した栃ノ心

 大相撲夏場所後に欧州出身力士として3人目の大関に昇進した栃ノ心(30)=春日野=が12日、昇進祝いなどを兼ねて帰国していた母国ジョージアから、成田着の航空機で再来日した。

 到着ゲートに姿を現すと待ちかまえた報道陣に、「帰ってきましたよー」。4日の帰国時は空港での出迎えに、「びっくりした。人がいるとは思っていたけど、そこまでか! とね」と旗を振っての出迎えに感激したという。ジョージア政府からは「スポーツでトップの勲章」(栃ノ心)を授与され、スポーツ省の大臣とは土俵制作について話し合ったという。

 帰国中はマルグベラシビリ大統領を始め関係者へのあいさつ回りに忙殺。テレビ番組の出演は約30件の依頼があったが先約がびっしりで全て断ったという。「実家にはほとんど帰っていない。楽しかったけど疲れた」。夜は連日のパーティーで、「食べるより酒も飲んだ」と母国のワインなどを堪能したが170キロの体重は若干減った様子だ。

 持ち帰ったお土産は母国のワインやブランデーなど。肉料理に使うソースやチーズは「30キロ以上も重くて(重量超過)。今日、現地から送ってもらった」と別便で輸送。だが師匠の春日野親方(元関脇・栃乃和歌)には、「ジョージアで一番いいブランデー。25~27年ものを買いましたね」と気遣いを忘れず。帰国中はトレーニングもできなかったため、13日から稽古場に降りると公言。「まず師匠にあいさつ。『帰りました』と言わないといけない」と関係者に付き添われて空港を離れた。

相撲
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ