舛添要一氏、カーリング女子へ「贔屓の引き倒しとなっては気の毒だ」

2018年3月8日8時41分  スポーツ報知
  • 舛添要一氏

 元東京都知事の舛添要一氏(69)が8日、自身のツイッターを更新し平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子についての思いをつづった。

 舛添氏は「カー娘に対するメディアの熱狂が続く」とした上で「国民も快挙を心から祝福しているが、そろそろ静かにしてあげたらどうか。練習にもさしわるだろう。贔屓の引き倒しとなっては気の毒だ」(原文まま)と提言した。

 最後に「スケートなど他のメダリストは、もう次の戦いに行っている」と記していた。

冬スポ
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ