里見女流名人、伊藤女流二段と今期4度目の対決で9連覇狙う…5番勝負14日開幕

2018年1月11日15時0分  スポーツ報知
  • 趣味は映画観賞だが「去年はほとんど見られなかったです…」。将棋の道を生きる里見香奈女流名人

 今、4度目の頂上決戦―。里見香奈女流名人(25)に伊藤沙恵女流二段(24)が挑戦する5番勝負が14日、神奈川県箱根町の岡田美術館で開幕する。9連覇を狙う里見、悲願の初タイトルを目指す伊藤。両者は今期だけで女流王位戦、女流王将戦、倉敷藤花戦に続いてタイトル戦で4度目の直接対決となる。決戦直前の思いを聞いた。(北野 新太)

 ―今年も女流名人戦の季節がやってきました。

 「毎年、開幕局が新年の1局目になるので、気持ちがグッと引き締まります」

 ―9連覇を目指してのシリーズになります。

 「年初めということもあって、いつも新鮮な気持ちで臨んでいるので、9年も続けて戦っている感じはないんです」

 ―奨励会三段リーグと並行しながら、女流5冠を堅持。今期も力を発揮しています。

 「少しだけ精神的な成長を実感できるようになりました。感情に左右されることなく、切り替えもできるようになった気がします。でも…三段リーグも含めて自分にはもっとできるはずだという思いもあります」

 ―伊藤女流二段とは今期だけで4度目の番勝負になります。

 「4度目なので、お互いに深くなっていっている研究の中で戦える楽しみがあります。用意の一手があるかどうか、とか」

 ―どんな相手だと。

 「伊藤さんは受け将棋といわれますけど、攻めも鋭いです。作戦の幅も広くて、すごくバランスがいい珍しい方だと思います」

藤井四段刺激 ―昨今の将棋界で気になった話題などは…。

 「藤井聡太四段の対局姿を見ると、勝つことに集中しながら将棋をすごく楽しんでいるように見えるんです。私はまだ楽しめるところまで達していないので、いつかはそんなふうになれたらと思います」

 ―ちなみに、目指せ9連覇といえば…報知新聞的には巨人軍による栄光のV9を想起しますが、ご存じですか…?

 「聞いたことはあります…。えっ! 長嶋(茂雄)さんと王(貞治)さんって同じチームだったんですか!? てっきり敵チームのライバルだったのかと…。それじゃ強いはずですよね…」

 ◆里見 香奈(さとみ・かな)1992年3月2日、島根県出雲市生まれ。25歳。森鶏二九段門下。6歳で将棋を始め、2004年に女流棋士に。08年の倉敷藤花戦で初タイトル。通算獲得タイトル30期は歴代2位。現在は女流名人、女流王座、女流王位、女流王将、倉敷藤花の女流5冠を保持。棋士養成機関「奨励会」三段にも在籍。居飛車も指しこなす振り飛車党。今期12勝4敗。家族は両親と兄と妹。妹の咲紀(21)も女流棋士。

 ◆里見と伊藤のタイトル戦 今期、女流王位戦(里見3―2伊藤)、女流王将戦(同2―0)、倉敷藤花戦(同2―0)と3度対戦し、いずれも里見が制している。

将棋

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ