シャンシャン、来月1日から先着順!整理券の争奪戦必至

2018年1月13日7時0分  スポーツ報知

 東京都の小池百合子知事(65)が12日、都庁で会見し、東京・上野動物園のジャイアントパンダの子ども「シャンシャン」の一般公開を、2月1日以降は従来の抽選制から先着順に変えると発表した。その日ごとに園内で整理券が配布される予定で、パンダ見たさの争奪戦が繰り広げられそうだ。

 シャンシャンは昨年12月19日から一般公開されており、事前申し込みの上で抽選に当選した人が午前9時45分から午後0時15分まで観覧することができた。

 2月からは、この形式が大幅変更。先着順での整理券配布方式となり、終了時間も午後4時45分までと、4時間30分も延長される。室内のみだった公開エリアも、屋外へと拡大。一日の観覧人数は、従来の最大2000人から9500人へ大幅に増える。

 小池氏は「子どもの頃からすくすく育って、長時間でも元気そうだという専門家の判断がありました」と理由を説明。「元気に動き回るシャンシャンが今までよりも見られるので、皆さんどうぞ上野へいらしてください」と呼び掛けた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)