【ディズニー報知】TDL「イッツ・ア・スモールワールド」35周年記念で「アナ雪」らディズニーキャラが初登場

2018年4月10日13時38分  スポーツ報知
  • イッツ・ア・スモールワールドに登場した「アナと雪の女王」のエルサ、アナ、オラフ

 15日に開園35周年を迎える東京ディズニーリゾート(TDR、千葉・浦安市)の35周年記念イベント“Happiest Celebration!”のプレスプレビューが10日、開催され、報道陣に先行公開された。

 東京ディズニーランド(TDL)のデイタイムパレードは、35周年記念の「ドリーミング・アップ!」に一新された。記念の新規アトラクションはないが、1983年4月15日のTDL開園時からある名物アトラクションの「イッツ・ア・スモールワールド」が35周年にして初めて本格リニューアルされ、これまでいなかったディズニー・キャラクター約40体が初登場した。

 ボートに乗って、世界各国の子どもたちや動物たちに迎えられる“世界で一番幸せな船旅”のアトラクションで、テーマソング「小さな世界」が有名。主役は世界の子どもたちの人形で、ディズニーキャラクターは、これまでいなかった。

 いきなり「アナと雪の女王」のアナ、エルサ、オラフが現れる。みんな「イッツ・ア・スモールワールド」の人形テイストにデフォルメされている。登場順に「シンデレラ」、「ふしぎの国のアリス」、「ピーター・パン」、「メリダとおそろしの森」、「おしゃれキャット」、「塔の上のラプンツェル」、「ピノキオ」、「ヘラクレス」、「ムーラン」、「ジャングル・ブック」、「アラジン」、「ライオン・キング」、「三人の騎士」、「リロ&スティッチ」、「モアナと伝説の海」、「ファインディング・ニモ」、「リトル・マーメイド」。モアナはTDR初登場キャラだ。

 これまでは、エンディングの真っ白なシーンでメリーゴーラウンドの子どもが持っていたピノキオの人形が唯一、登場していたディズニー・キャラクターだった。ピノキオが正式に登場することで、その人形の去就も気になっていたが、しっかり残留していたのでホッとした。(酒井 隆之)

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。詳細はオフィシャルウェブサイト(http://www.tokyodisneyresort.jp/)で。

 ◆ディズニー報知 オリエンタルランドが運営する東京ディズニーリゾート(千葉・浦安市)の情報を浦安市在住記者がリポートします。(C)Disney

  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ