【ディズニー報知】TDLワールドバザールで初のプロジェクションマッピング挙行…35周年記念

2018年4月10日19時34分  スポーツ報知
  • TDLの「セレブレーションストリート」

 15日に開園35周年を迎える東京ディズニーリゾート(TDR、千葉・浦安市)の35周年記念イベント“Happiest Celebration!”のプレスプレビューが10日、開催された。

 東京ディズニーランド(TDL)のワールドバザールのメインストリートが35周年を祝う「セレブレーションストリート」になった。クリスマスツリーや七夕飾りで有名な中央の交差点には、高さ10メートルのモニュメント「セレブレーションタワー」が建った。開園時からこれまでの歴代周年コスチュームを着たミッキーマウスの像が上から9種類、らせん状に並んでいる。これまでの周年ロゴの変遷も一覧できる。

 スペシャルなのは、日没後だ。タワーが光るのは昼もそうだが、夜にはストリートの店舗の外壁がスクリーンとなって映像が投写される。開園以来初のバザール内プロジェクションマッピングに歓声が沸いた。シンデレラ城のキャッスルプロジェクションの名作「ワンス・アポン・ア・タイム」(公演終了)がよみがえるような雰囲気に胸が躍る。だが時間は約90秒で、あっという間。メインストリートだけに黒山の人だかりになっては困るからだ。待たずに歩きながら見られたらハピエストという感じか。

 35周年のメインイベントは、やはりTDLの新規デイタイムパレード「ドリーミング・アップ!」なのだ。ペガサスのフロートに乗ったミッキーマウスが先導し、ベイマックスに乗ったヒロがパレード初登場。またTDLの開園時(1983年4月)からある名物アトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」に、「アナと雪の女王」など初めてディズニーキャラクターの人形約40体が加わってリニューアルされた。

 35周年イベントは、TDLだけでなく、2001年9月4日に開園した東京ディズニーシー(TDS)も含めたTDRの35周年を記念して、来年3月25日まで展開される。(酒井 隆之)

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。詳細はオフィシャルウェブサイト(http://www.tokyodisneyresort.jp/)で。

 ◆ディズニー報知 オリエンタルランドが運営する東京ディズニーリゾート(千葉・浦安市)の情報を浦安市在住記者がリポートします。(C)Disney

ディズニー
  • 楽天SocialNewsに投稿!
社会
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ