“新・平成の三四郎”リオ73キロ級金・大野将平が五輪連覇へ無差別で発進

稽古に鋭い視線を向ける大野将平

4月25日 11:00

 柔道のリオデジャネイロ五輪男子73キロ級金メダル・大野将平(25)=旭化成=が29日、五輪金で出場資格のある体重無差別で争う全日本選手権(日本武道館)に3年ぶりに出場する。全日本選抜体重別選手権(福岡)を回避し、今夏のハンガリー世界選手権出場を断念してまで、リオ五輪後の初戦に選んだ舞台。日本のエースは自身も無謀と認める挑戦を通じて「新・平成の三四郎」を襲名し、東京五輪での連覇につなげる強い決意を明かした。(取材、構成・林 直史)  続きを読む…

東京五輪
今日のスポーツ報知(東京版)