【新刊レビュー】平城京

2018年6月5日11時55分  スポーツ報知
  • 安部龍太郎著「平城京」

 ▼「平城京」(安部龍太郎、角川書店、1944円)

 奈良時代の天平文化の中心となった平城京は、いかにして造営されたのか。3年で「唐の長安と並ぶ新都を奈良山の麓に」とは、朝廷一の実力者からの必達の命令だった―。朝廷から処罰を受け、干されていた遣唐使船の船長が引き受けるが、推進派と反対派の対立が激化していく。古代史の謎に直木賞作家が挑んだ歴史小説。

BOOKセレクト
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ