外国人力士差別対策待ったなし!星野智幸さんが警告「相撲で起こることは社会でも起きる」

貴ノ岩の前さばきのうまさが好きでファンになったという星野さん。「秋巡業でサインをもらった直後に事件が起きてしまい、ショックでした。早く元気に戻って来てほしいです」

1月16日 12:00

 大相撲をこよなく愛する作家・星野智幸さん(52)の「のこった もう、相撲ファンを引退しない」(ころから、1728円)は、14日に初日を迎える初場所観戦を楽しむ相撲ファンに一読をお薦めしたいエッセー集だ。横綱・稀勢の里(田子ノ浦)ら日本人力士へのファンの期待が高まるのは当然だが、星野さんが懸念しているのは最近、館内で飛び交うようになってしまったモンゴル勢を始めとする外国出身力士への心ないヤジや罵声。果たしてこのままにしておいていいのか。(甲斐 毅彦)  続きを読む…

今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ