【六大学】立大・手塚のサヨナラボークで法大が連勝

2018年10月7日17時53分  スポーツ報知
  • サヨナラボークで敗戦投手となった立大・手塚

 ◆東京六大学野球秋季リーグ戦 第5週第2日(7日・神宮) ▽法大7×―6立大(法大2勝)

 法大は同点とした直後の9回2死一、三塁から、立大の3番手右腕・手塚周(3年)のボークでサヨナラ勝ちした。

 4番・中山翔太一塁手(4年)に2球目を投げる前だった。この日はプロ併用日による9回打ち切りの規定があり、勝利のなくなった立大は、引き分けに持ち込むしかなかった。

 一塁手はベースを離れ、守備に専念することを確認していたが、手塚は一塁手の入っていない一塁へ向かってけん制球を投げようとし、途中で止まった。ボークの宣告がされ、法大のサヨナラ勝ちが決まった。

 立大・溝口智成監督は「魔が差したというか…。それぐらい追い込まれていたというか…」とショックを隠しきれなかった。

アマ野球
注目トピック