【六大学】早大の150キロ左腕・早川 好救援でリーグ戦通算2勝目

2018年10月14日13時18分  スポーツ報知
  • 昨春以来のリーグ戦通算2勝目をマークした早大・早川

 ◆東京六大学野球秋季リーグ戦 第6週第2日(14日・神宮) ▽早大 2―1 明大(早大1勝1分け)

 早大の150キロ左腕・早川隆久投手(2年=木更津総合)が、昨春の東大1回戦以来となる、リーグ戦通算2勝目を挙げた。

 同点の6回から2番手で登板。直後に相手の暴投で決勝点が転がり込み、4回無失点で締めた。

 今春リーグ戦中に左肩痛を発症したが、リハビリを経て順調に回復。この日も149キロをマークした。「これまでは気持ちで負けている部分があったので、この秋は『強気』をテーマに投げている。やっと2勝目を挙げられて、自分自身ホッとしている。このままいい流れで、優勝までいければ」と笑顔を見せた。

アマ野球
注目トピック