【首都大学】東海大が2季連続71度目の優勝 4番・平山快が3冠王!

2018年10月14日18時57分  スポーツ報知
  • 胴上げされる東海大・平山快

  ◆首都大学野球秋季リーグ戦最終最終日 ▽東海大10―4武蔵大(14日・浦安市運動公園)

 今春王者の東海大が武蔵大に快勝。勝ち点4で首位だった筑波大と並んだが、勝率で上回り、2季連続71度目の優勝を決めた。プロ注目の4番・平山快一塁手(4年=東海大相模)は3回に一時先制となる満塁弾を放つなど3安打4打点の活躍で、打率4割3分2厘、3本塁打、12打点でリーグ史上12人目(13度目)となる3冠王に輝いた。

 第4週で、筑波大にまさかの連続完封負けを喫しながらの逆転V。主将としてもチームを引っ張った平山快は「うれしい反面、ホッとしています。勝って当たり前のチームでやっているので」と昨秋まで4季優勝を逃したチームを春秋連覇に導き、安堵の表情を浮かべた。

 優勝した東海大と2位・筑波大は、明治神宮大会出場権をかけた関東地区大学選手権(29日開幕・横浜スタジアム)に出場する。

アマ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)