明大・森下暢が延長11回完投で今季4勝目 ドラフト候補・渡辺は2安打

2018年10月20日14時25分  スポーツ報知
  • 立大戦で完投し、今季4勝目をマークした明大・森下暢

 ◆東京六大学野球秋季リーグ戦 第7週第1日(20日・神宮) ▽明大 3―1 立大(延長11回、明大1勝)

 明大の3年生エース右腕・森下暢仁(まさと=大分商)が、延長11回5安打1失点完投で今季4勝目(3敗)を挙げた。だが、1点リードの9回に追い付かれ、初完封を逃しただけに「1―0で勝てなくて悔しい」と反省した。

 ドラフト候補の渡辺佳明遊撃手(4年=横浜)は2安打を放ち、リーグ通算94安打。21日の2回戦へ向けて「悔いなく勝って終わりたい」と意気込んだ。

アマ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)