関西国際大が8年ぶりに明治神宮大会に出場 平野がサヨナラ本塁打

2018年10月30日14時10分  スポーツ報知

 ◆関西地区大学野球選手権 ▽第2代表決定戦 関西国際大3X―2京産大(30日・南港中央球場)

 関西国際大(阪神大学)が京産大(関西六大学)にサヨナラ勝ちし、8年ぶり4度目の明治神宮大会(11月9~14日・神宮)出場を決めた。

 9回2死から平野晴也遊撃手(3年)が右越えにサヨナラ本塁打を放った。敢闘賞に輝いたヒーローは「直球一本に絞っていた。完璧でした」と、喜びをかみしめた。

 関西国際大は0―1の8回に代打・持田大和の右前適時打で追いつき、有本大世(ともに2年)の左犠飛で勝ち越した。9回に同点に追いつかれたが、その裏に平野が劇弾をたたき込んだ。武次春哉(2年)が2失点で完投し、最優秀投手賞に選ばれた。

 また、第1代表で近大(関西学生)の村西良太投手(3年)が最優秀選手賞、京産大の北山亘基投手(1年)が敢闘賞に輝いた。

アマ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)