北海・井平光紀が中大合格…“鍵谷ロード”でプロ入り目指す

2018年12月12日5時55分  スポーツ報知
  • 室内練習場で練習する北海・井平(カメラ・宮崎 亮太)

 中大は10日、スポーツ推薦の合格者を発表した。北海のエースで4番、主将を務めた井平光紀投手は文学部に合格。北海の大先輩・日本ハムの鍵谷陽平投手(28)と同じ“鍵谷ロード”を進み、4年後のプロ入りを目指す。

 東都大学リーグ1部の名門・中大に合格した北海のサイド右腕・井平は「平川(敦)監督や立島(達直)部長、仲間がいて、ここまで来られた。うれしい気持ちと、やらなきゃな、という気持ち」と胸中を明かした。

 先輩が突き進んだ道を、追うように歩んでいく。同じ道南出身で、北海の先輩にあたる日本ハム・鍵谷は、同じく中大に進み、4年後にプロ入りの夢をかなえた。高校時代に鍵谷とバッテリーを組み、甲子園に出場した立島部長は「一生懸命で真面目で実直。性格は似ている」と話す。同部長から当時の練習姿勢など、多くの経験を伝え聞いてきた井平は「例えば筋トレは大嫌いだったが、何に対しても全力でやるようになった」と、常に理想の将来像を思い描き、練習に取り組んできた。

 南北海道大会4連覇が懸かった最後の夏は、準々決勝で敗退。3年間に「悔いはない」と言うが、全国舞台への思いは一層強くなった。将来的なプロ入りへ、西武から育成2位指名を受けた同学年の大窪士夢(じゆ)投手の存在も大きい。

 「目指すプロに近づけるよう、使える時間全てを野球に使いたい。まずは大学で日本一に」と井平。強い志を胸に、戦国東都に嵐を巻き起こす。(宮崎 亮太)

 ◆井平 光紀(いひら・こうき)2000年4月18日、北斗市生まれ。18歳。北斗谷川小1年から野球を始める。北海では2年春に背番号12でベンチ入り。家族は両親と弟。178センチ、78キロ。右投右打。

アマ野球
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ