早大・小宮山新監督始動 ミーティングで気合注入「覚悟を決めろ」

2019年1月5日17時53分  スポーツ報知
  • ブルペンで直接指導する早大・小宮山監督

 早大は5日、東京・東伏見の早大安部球場で始動。1日付で就任した小宮山悟新監督(53)が、正式に全体の指揮を執った。昨年11月から「特別コーチ」の肩書きで指導にあたっていたが、監督としての初ミーティングでは「覚悟を決めろという話をしました。やる気になったら何でもできる。全身全霊でという学生が集まれば、負けることはない」と訓示した。

 午前中はボールを使わず、ランニングや強化中心のメニューを行ったが「やる気がないなら立ち去れ。覚悟を決めてくれということです」と厳しさを前面に押し出した。午後からは、ブルペンで直接指導を行う姿も見られた。

 2月2週目には、浦添キャンプのメンバーを決めるため紅白戦を1週間通して行うプランも披露。「毎日やります。105人もいたら、1日、2日ではとても。競争意識も足りない気がする。(新)1年生でも、戦力になるなら使います」と話し、現状を打破する新戦力の台頭に期待していた。

アマ野球
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ