奈良学園大のプロ注目左腕・菅田が今季初登板で5回7失点 西武と中日が視察

2019年2月27日15時35分  スポーツ報知
  • 今季初登板で5回7失点の奈良学園大・菅田

 ◆オープン戦 パナソニック8―0奈良学園大(27日・パナソニックベースボールスタジアム)

 プロ注目左腕の最速145キロ左腕で奈良学園大の菅田大介(3年)が、社会人パナソニックとのオープン戦で今季初登板し、5回11安打7四球7失点だった。

 菅田は昨季までは外野手との二刀流で、今季から本格的に投手に転向。大学で先発するのはオープン戦を含めて2度目。先発で5回を投げたのは最長となった。

 西武と中日のスカウトが視察する中で5三振を奪ったものの「内容としては、いいところと悪いところが見えた。2ストライクから力んで四球を出したり、守りづらい投球になった」と反省。それでも「真っすぐを捉えられなかったのは自信になった」と、収穫も得ていた。

アマ野球
注目トピック