プロ注目の長距離砲・パナソニックの片山が西武、中日が視察する中で今季初打点

2019年2月27日15時35分  スポーツ報知
  • 4回、パナソニックの片山が左越えに適時二塁打を放つ

 ◆オープン戦 パナソニック8―0奈良学園大(27日・パナソニックベースボールスタジアム)

 プロ注目でパナソニックの片山勢三内野手(23)が奈良学園大とのオープン戦に「4番・一塁」で先発。相手のプロ注目左腕・菅田大介(3年)から4回に適時二塁打を放った。

 176センチ、101キロの片山は、ルーキーイヤーの昨年は公式戦で最多タイの6本塁打を放ち、指名打者でベストナインを受賞した。この日は西武と中日のスカウトが視察した中で、3打数1安打1打点2四球で今季初打点をマークした。「去年より球の見え方や入り方が数段レベルアップしている」と、手応えを感じていた。

アマ野球
注目トピック