•  スポーツ報知のWebサイト限定コラムがスタートしました。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

広島・フランスアの「神スイング」をもう一度

2018年7月18日16時24分  スポーツ報知
  • 初勝利のフランスア(左)は緒方監督から祝福される

 育成出身で、1軍でのデビュー戦で初先発勝利をあげた巨人のメルセデス。ドミニカ共和国にあるカープアカデミー出身であったことも話題となったが、今季、広島に加わったアカデミー生も負けてはいない。ヘロニモ・フランスア(24)だ。

 今年3月に育成契約を結ぶと、5月に行われたウエスタン・リーグの登板試合を緒方監督が直々に視察し、高評価。同月、支配下選手契約された。プロ初登板初先発となった同26日の中日戦(マツダ)は、4回3失点で降板し黒星を喫したが、中継ぎに転向後、能力の高さを発揮。2番手で登板した6月26日の巨人戦(マツダ)では150キロ台の直球とスライダー、チェンジアップを駆使し、5回を1安打9奪三振で無失点に抑え、プロ初勝利を手にした。

 ピッチング以上に強烈な印象を残したのが、打者顔負けのフルスイングだ。6月7日の日本ハム戦(マツダ)。3回の第1打席で、初球の変化球にヘルメットが落ちそうになるほどバットを振った。あまりの全力プレーに鯉党から歓声が沸くと、2球目も豪快に空振り。普段はベンチで表情を変えることなく戦況を見つめている緒方監督が、笑いをこらえるように顔を背ける様子は「You Tube」などの動画サイトでも人気だったりする。

 2014年9月に練習生として来日。16年は四国アイランドリーグplusの高知に派遣され、1シーズンを過ごした。1軍デビューまで4年近くを擁したが、あきらめることなく黙々とトレーニングを続けてきた。母国で活躍を祈る母には、定期的に仕送りを続けていたという心優しき左腕。プロ初勝利を決めた巨人戦では、お立ち台で「気持ち、すごくいいです。ずっと待っててくれた母にありがとうと言いたい」と、最愛の家族へ感謝の言葉を口にした。

 最近は勝ち試合での登板も増え、信頼も高まりつつある。現在は「ロングリリーフができる」(畝投手コーチ)と中継ぎで重宝されているが、実績を残し続ければ今後、先発への再転向もあるはずだ。その時には、あの「神スイング」をもう一度見てみたい。(記者コラム・種村 亮)

コラム
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ