•  スポーツ報知のWebサイト限定コラムがスタートしました。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

ドラフト当日に感じた秋田での金足農「輝☆」の運命

2018年11月5日16時0分  スポーツ報知
  • 日本ハムに指名された金足農・吉田輝星

 甲子園の星は、やっぱりダテじゃない。日本ハムにドラフト1位指名された金足農・吉田輝星。右腕が10月25日のドラフト会議直前に、野球部の仲間とランチで訪れたという同校近くの秋田市内の鉄板焼き店「大雅」をのぞいてみた。

 さっそく、鉄腕が当日に食べた“勝負メシ”という「あんかけやきそば 大盛り」(税込み810円)を注文。待っていると、居合わせた女性客のグループらが声をあげながら、店内のカウンター席上部に飾られた色紙を撮影していた。「2018.10.25 金農野球部より」。今夏の甲子園準V戦士たちのサインが、写真入りで寄せられていた。

 なかでも左上にひときわ目立つのが、「輝☆ ♯1」の文字。輝星の父・正樹さんと釣り仲間という店主の大高生義さんは、「これまでは漢字で『吉田輝星』とサインしていたのに。『輝☆』に変わりましたね」と笑みを浮かべた。

 「☆」と書いて、「せい」と呼ぶか―。五目野菜と肉をとろ~りとあんに絡ませた麺が胃に染み渡るころ、配達業者のトラック運転手が入ってきた。大高さんが、うれしそうに明かす。「日本ハムの関連会社の日本フードグループさんですよ。ウチはずっと食材を仕入れているんです。たまたまですけど、何か縁を感じますね」。

 ダルビッシュ、中田、斎藤、大谷、清宮。近年の日本ハムのドラ1には、甲子園のスターが並ぶ。「輝☆」が北の大地を照らすことは、運命だったのかもしれない。(野球担当・山崎 智)

コラム
注目トピック