•  スポーツ報知のWebサイト限定コラムがスタートしました。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

左肩で抱えた仲間と優勝の重み…明治神宮野球大会で初出場優勝の札幌大谷・北本遊撃手

2018年11月16日8時0分  スポーツ報知
  • 秋季北海道大会決勝で札幌第一を下し、歓喜する札幌大谷ナイン。北本(手前右から2人目)も輪に加わったが、左肩をつかまれると痛みで顔をゆがめた
  • 初出場で優勝を果たした札幌大谷

 何も気にせず、心の底から仲間と喜んだ―。やりたかったのは“これ”だった。11月13日、明治神宮野球大会高校の部決勝。創部10年目の札幌大谷が、2―1で星稜(北信越・石川)を下して初出場初優勝を決めた。栄光の瞬間、マウンド付近で歓喜の輪が生まれる。背番号10の北本壮一朗遊撃手(2年)は、神宮で無我夢中に仲間と抱き合った。

 無念だった。秋季北海道大会準決勝の駒大苫小牧戦。4点ビハインドの3回1死一、三塁の好機で、北本に打席が回った。だが、結果は二ゴロ併殺打。なんとか、1点をもぎ取ろうと果敢に一塁へヘッドスライディングも、ベースに左肩を奪われて脱臼した。直後の守備から交代。即座に病院へと搬送されたが、球場に戻るとチームは延長10回の末、7―6で逆転勝ちしていた。

 もっとうまく飛び込んでいれば―。自らの不注意での離脱を悔いた。だが、仲間が連れてきてくれた札幌第一との決勝の舞台。チームのために、今の自分ができることは何か。北本は三塁コーチと伝令役を務めた。

 決勝戦もまた、3回までに4点ビハインドを背負う展開。だが、苦しむマウンドの西原健太(2年)にもとへ、北本は痛めた左肩を動かさないよう、右手で押さえながら小走りで何度も向かった。そして逆転した8回裏には、三塁コーチボックスから動く右肩だけをこれでもか、と言わんばかりにグルグルと回し続けた。

 北海道大会優勝の瞬間―。北本は真っ先にマウンドへ駆け上がった。一塁側ベンチから全力疾走。痛みなんて忘れていた…はずだった。だが、歓喜する仲間に思いきり左肩をつかまれるアクシデントが発生。なんとも言えない激痛に、思いきり顔をゆがめた。「誰だ! やめろ! 左肩を触るな!」。そんな声も仲間の雄たけびと、スタンドの歓声にかき消されてしまっていた。

 本当は思いきり喜びたかった。痛みで控えめな“感動シーン”になってしまったことが、北本にとって一番の心残りだった。だからこそ、今度は「神宮で―」と心に決めていた。病院では全治3週間の診断。だが、それでは神宮大会に間に合わないと、決死のリハビリ生活を送った。肩の筋肉をつけるためのインナートレーニング。投手陣と同じランニングメニューをこなした。

 だが、肩が癒えたところで、すぐに試合に出られるのか―。約3週間、バットすら振れずに、感覚は完全に失われていた。ベンチにすら入れないことも覚悟していたが、船尾隆広監督(47)は北本の復活を信じて、今大会で「背番号10」を与えた。その心意気に応えない訳にはいかない。全体練習合流後は毎晩、夜遅くまでバットを振り続けて大会開幕直前に復活してみせた。

 明治神宮大会での打率は3割6分5厘。決勝では1点ビハインドの7回2死二、三塁から逆転の2点適時中前打を放ち、同校の初優勝を、北海道勢13年ぶりの栄冠を自らのバットでたぐり寄せた。「リハビリを手伝ってくれたトレーナーの支えがなかったら、ここに立てていなかった。本当に感謝している。まだ信じられないです」。歓喜の輪の中心には背番号10の姿。やっと、両手で仲間と抱き合うことができた。(記者コラム=北海道支局・清藤 駿太)

コラム
注目トピック