【準硬式野球】中大が準々決勝へ

2018年8月22日4時0分  スポーツ報知
  • 中大の勝利に貢献した安藤(左)と小澤

  ◆第70回全日本大学準硬式野球選手権大会2回戦 中大10―1香川大(21日・菊川球場)

 中大は初回、敵失につけこみ無安打で3点を先制すると、2、3回にも1点ずつを加えて6回にも安藤浩平(4年=日川)の適時二塁打などで5点を挙げてリードを広げた。投げては先発の林部庄吾(1年=上田西)が好投し、最後はエースの小澤巧平(3年=日川)が試合を締めた。

 中大・安藤浩平「流れが良くない中、入りが難しかったので良い流れを作ろうと思って打席に入りました。全日本は最後なので活躍できて嬉しいです。次もタイムリーヒット打ちたいです」

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ