【BC栃木】男村田が現役引退を表明「素晴らしい野球人生」

2018年9月9日16時25分  スポーツ報知
  • 引退を表明し、涙を流した村田(カメラ・橋口 真)

 ◆ルートインBCリーグ 栃木8―8群馬(9日・小山市運動公園)

 前巨人でルートインBCリーグ・栃木所属の村田修一内野手(37)が、今季最終戦となる群馬戦後のセレモニーで引退を表明した。

 村田は「今日をもって私は現役を引退いたします。小学校3年生から野球を始め、今年でちょうど30年。素晴らしい野球人生を送れたことを感謝します」と涙ながらにあいさつした。

 この日は「4番・三塁」で先発出場じた。8月1日にNPB復帰断念を表明していた村田は、第3打席までは凡退に終わったが、7回先頭で迎えた第4打席で中前打を放ち、満員のスタンドを喜ばせた。

 同点の9回1死一塁で巡ってきた最終打席は、143キロの直球に一ゴロに倒れたが、一塁まで全力疾走で併殺を回避した。試合はそのまま8―8で引き分けに終わった。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ