【東京六大学準硬式野球】立大が土壇場で追いつく

2018年9月16日19時24分  スポーツ報知
  • 9回、同点となる2点適時打を放った立大・福田

 ◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 立大6―6慶大(16日・早大東伏見)

 立大が土壇場で粘りをみせて引き分けに持ち込んだ。2回、今川大輔(2年=日大二)の右越えソロで先制するが、慶大はその裏、敵失に乗じて2点を奪い逆転すると、3回には高野佑樹(2年=慶応湘南藤沢)の適時打で1点を追加。6回に2点を失って追いつかれるも、その裏、小川諒(3年=慶応)の左越え2ランで勝ち越し、7回にも高野の適時打で1点を加えてリードを広げた。3点を追う立大は9回、代打・大戸摩柊(1年=札幌国際情報)の適時打、福田雅治(4年=武蔵野北)の2点適時打で同点に。10回は両チームともに無得点に終わり、引き分けとなった。

 立大・福田雅治「自分が決めてやろうという気持ちで打席に入りました。最低限、負けを消すことができてよかったですが、欲を言えば勝ち切りたかったです。チームの調子もよいので、この勢いを切らさずに明日は絶対に勝ちます」

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ