【東都大学準硬式野球】日大が3つ目の勝ち点

2018年9月17日20時13分  スポーツ報知
  • 日大・石田は4安打を放つ活躍をみせた

 ◆東都大学準硬式野球1部秋季リーグ戦 日大10―2東海大(17日・ダイワハウススタジアム八王子)

 日大が2戦連続の猛打で東海大に連勝。開幕から6連勝で3つ目の勝ち点を挙げた。

 1点を追う4回、西坂佳裕(3年=千葉日大一)の2点適時打で逆転すると、5回に石田崇人(2年=日大東北)の2点適時打で2点、7回に敵失に乗じて3点を追加。8回には石田のこの日4安打目となる適時二塁打などで2点を加えた。

 東海大は3回、森本廸彰(2年=東海大浦安)の2点二塁打で一時は逆転したが、4回以降は日大先発の江越直胤(2年=長崎日大)に抑えられた。

 日大・石田崇人「このままの調子で全勝優勝します」

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ