【東京六大学準硬式野球】慶大がコールド勝ち

2018年10月2日5時54分  スポーツ報知
  • 本塁打を含む3安打を放った慶大・泉

  ◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 慶大10―0東大=7回コールド=(1日・早大東伏見)

 慶大が7回コールド勝ちで連勝し、2つ目の勝ち点を挙げた。

 2回、大野晃佳(3年=時習館)の右越えソロで先制すると、3回に大町怜央(4年=修道)の適時二塁打、4回には敵失で1点ずつを追加。さらに5回、泉款太(3年=慶応)の右越えソロ、高野佑樹(2年=慶応湘南藤沢)の適時三塁打で2点を加え、七回に5点を奪い試合を決めた。東大は慶大先発の神田裕大(3年=慶応湘南藤沢)ら3投手の前に2安打と打線が湿り、2死満塁の好機も生かせなかった。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ