【東京六大学準硬式野球】早大・渡部が決勝3ラン

2018年10月8日18時24分  スポーツ報知
  • 11回、勝ち越し3ランを放った早大・渡部

 ◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 早大8―7立大(8日・早大東伏見)

 早大が逆転勝ちで3つ目の勝ち点を挙げて、優勝に望みをつなげた。初回、永井隆太(4年=七尾)の中犠飛で先制するが、立大は2回、舘山大樹(4年=青森)の2点三塁打で逆転すると、さらに泰道勇伊(2年=立教新座)の左犠飛で1点を追加。3回にも柴純平(4年=栄東)の適時二塁打などで2点を加えた。4点を追う早大は8回、敵失と永井の適時打で2点を返し、9回には敵失、暴投で追いついた。さらに11回、渡部椋雅(1年=桐光学園)が左越え3ランを放って勝ち越し。立大もその裏、2点を返したが届かなかった。

 早大・渡部椋雅「自分が決めるというのではなく、次につなげようという気持ちで打ったのがよい結果につながりました。次の慶大戦でも走攻守などのプレーはもちろん、ベンチワークでも与えられた仕事を全うし、優勝に貢献したいです!」

その他
今日のスポーツ報知(東京版)