【東都大学準硬式野球】専大がコールド勝ち

2018年10月10日17時51分  スポーツ報知
  • 3打点を挙げた専大・大野

 ◆東都大学準硬式野球1部秋季リーグ戦 専大12―2東海大(10日・上柚木公園)

 専大が8回コールド勝ちで初戦をものにした。3回、桂川海輝(4年=専大北上)の2点適時打などで4点を先制すると、5回には大野恵和(4年=専大松戸)の2点適時打などで5点を追加。8回にも大野の適時打などで2点を加えて試合を決めた。東海大は4回、高山皓輔(2年=東海大静岡翔洋)の適時打で一時は2点差まで追い上げたが、その後の失点が響いた。

 専大・大野恵和「気合と気持ちで打ちました。結果が出てよかったです。明日も頑張ります」

その他
注目トピック