【東京六大学準硬式野球】早大が優勝に望みつなぐ

2018年10月16日19時5分  スポーツ報知
  • 初回、先制点のきっかけとなる三塁打を放った早大・森田

 ◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球秋季リーグ戦 早大7―1慶大(16日・早大東伏見)

 早大が4つ目の勝ち点を挙げた。

 初回、森田達貴(4年=県浦和)の三塁打からチャンスを作り、敵失で2点を先制。3回に押し出し四球、4回に今駒顕二郎(4年=早大学院)のソロ本塁打でリードを広げた。その裏、失策で1点を失うも、9回に中村大輔(4年=早大学院)の適時三塁打、池上倫平(4年=早実)の犠飛などで3点を加えた。投げては先発の久郷太雅(3年=沼津東)から、前田直輝(3年=熊本)につないで1点に抑えた。

 早大・森田達貴「最後の一戦、全員野球でよい勝ち方ができてよかったです。やれることはやったので、最終週の結果を待ちたいと思います」

その他
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)