【翔んで球児】〈4〉山梨学院・野村健太“ラップ”に乗って一発たたきこむ

ラップが趣味の山梨学院・野村(右)と椙浦

3月19日 08:00

 180センチ、88キロの体格で、高校通算38本塁打の右のスラッガー。山梨学院の野村は、入学時は体重が99キロあり、ソフトバンクの助っ人砲になぞらえて「山梨のデスパイネ」の異名を取った。“名付け親”で、09年に清峰(長崎)を率いてセンバツ優勝を飾った吉田洸二監督(49)は「飛距離は高校生では全国トップクラス」と評価。甲子園で本塁打を狙う野村は「警戒されても打つのが、本当のすごい打者だと思う」と、闘志を燃やす。  続きを読む…

高校野球
注目トピック