今夏甲子園16強の高岡商、初戦サヨナラ負けでセンバツ絶望

2018年10月14日6時55分  スポーツ報知
  • サヨナラ負けを喫し、ぼう然とする高岡商・堀(右)

 ◆高校野球北信越大会第1日 ▽第1回戦 東海大諏訪8xー7高岡商=延長10回=(13日、三条パール金属スタジアム)

 開幕し、1回戦8試合が行われた。高岡商(富山2位)は東海大諏訪(長野3位)に延長10回サヨナラ負けするなど、富山勢3校は初戦で姿を消した。

 今夏の甲子園16強の高岡商(富山2位)は、東海大諏訪(長野3位)に延長10回サヨナラ負け。2季連続甲子園となる来春のセンバツ出場は絶望的となった。

 4番手で登板した堀裕貴(2年)が9回に1点リードを追い付かれ、延長10回にサヨナラ打を浴びた。「力不足。自分が打てなかったのも敗因の一つ」と4番としても無安打に終わり、唇をかんだ。

 それでも甲子園ではベンチ外だった6番・多賀章渡三塁手(2年)が、2―3の6回に左翼へ一時は逆転となる公式戦1号3ランを放つなど2安打3打点の活躍。3年生も含めチームトップのスイングスピードを計測したという背番号15は「この冬も、しっかり振り込みたい」と、さらなる打力向上を誓った。

 「全員が、もう一回りも二回りも体をデカくして、夏は日本一になります」と堀。悔しさをバネに鍛え直し、3年連続の夏の“聖地”を目指す。(竹内 竜也)

高校野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ