履正社・井上、大学生から2ラン ヤクルトスカウト「スケールが大きい」

2019年3月15日5時55分  スポーツ報知
  • 6回、履正社の井上が左中間に2ランを放つ

 センバツに出場する履正社(大阪)の井上広大右翼手(新3年)が14日、大阪・茨木市の同校グラウンドで行われた関大との練習試合で、2ランを含む4打数3安打2打点。下級生中心の大学生を4―2で破った。

 西武、ヤクルトの2球団が視察した中で、今秋ドラフト候補の4番打者が、大学生を圧倒した。関西学生リーグで登板経験がある左腕・巻大地(新2年)の直球を左中間へ放り込んだ。「初球からフルスイングしていこうと思った」。8日の練習試合解禁後は6試合で3発目。ヤクルトの阿部スカウトは「右の大型外野手(187センチ、95キロ)で長打が魅力。スケールが大きい」と熱視線を送った。

 巻が「経験したことがないオーラ」とたたえれば、関大の早瀬監督も「ムラがなく、抜群に良かった」と舌を巻いていた。(伊井 亮一)

高校野球
注目トピック