ベッツ、デグロムら年俸調停続々回避

2019年1月12日9時14分  スポーツ報知

 年俸調停権を有する選手が11日(日本時間12日)、続々調停を回避して新たな契約を結んだ。

 昨季、MVPを受賞したレッドソックスのムーキー・ベッツ外野手は2000万ドル(昨季は950万ドル)。同権利を有して2年目の選手としては最高額だ。

 また、サイ・ヤング賞受賞のメッツのジェイコブ・デグロム投手は1700万ドル(同960万ドル)、本塁打王になったアスレチックスのクリス・デービス外野手は1650万ドル(同1050万ドル)で合意するなど、多くの選手が2月に行われる調停を回避して合意した。

MLB
注目トピック