【DeNA】試合前に打球受けた大和「大丈夫です」大事には至らず

2018年6月12日22時28分  スポーツ報知
  • 試合後にタクシーに乗り込み球場を後にした大和

 ◆日本生命セ・パ交流戦 ロッテ3―0DeNA(12日・ZOZOマリン)

 DeNA・大和内野手(30)が12日、ロッテ戦(ZOZO)の試合前練習中に後頭部付近に打球を受け、習志野市内の病院に救急車で搬送された。診察後は試合中に球場に戻り、試合後にはタクシーまで自力で歩くなど大事には至らなかった。「大丈夫です。(衝撃は)それなりにありました」と話した。念のため13日に再検査を受ける。

 7番遊撃でスタメン予定だった大和は遊撃付近でフライを捕る守備練習中で、ライナー性の打球が目に入らず直撃した。

 練習が一時中断するなど騒然となり担架で医務室に運ばれた後救急車で病院へ向かった。13日の再検査を受け今後の出場を決める。

 試合は石川の前に打線が沈黙し今季2度目も0封負け。連勝も3で止まった。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)