【楽天】島内が2打点、「ワールドカップまで飛んでいけ!打法です」

2018年6月19日19時20分  スポーツ報知
  • 3回2死三塁、左中間に適時二塁打を放つ島内(カメラ・関口 俊明)

 ◆日本生命セ・パ交流戦 DeNA―楽天(19日・横浜スタジアム)

 サッカーW杯で日本代表初戦を目前に控えたロシアから遠く離れた横浜スタジアムで、MF本田圭佑の星稜高の後輩、楽天・島内宏明外野手(28)が、躍動した。

 初回に1死三塁で二ゴロを放ち(記録は野選)先取点をなる打点をあげると、3回には2死三塁で追加点となる左中間への適時二塁打を放った。W杯を迎える先輩への前祝いとばかりに2打席連続で打点を記録した島内は「うまく対応できました。ワールドカップまで飛んでいけ!1、2の3打法です」と納得の表情だった。

 楽天は、16日の阪神戦(楽天生命)後に梨田監督が辞任。17日の同カードから平石監督代行が指揮を執って8―0と大勝し、この試合が2試合目の采配となっている。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)