【オリックス】“リプレー誤審”でNPBが福良監督らに事情説明

2018年6月23日11時15分  スポーツ報知
  • 吉本球審と話をする福良監督(22日)

 NPBの仲野和男パ・リーグ統括(57)と友寄正人審判長(60)が23日午前、ほっともっとフィールド神戸を訪れ、オリックス・福良監督、湊球団社長、横田連盟担当と会談を持った。22日のオリックス―ソフトバンク戦(ほっと神戸)で起こった“リプレー誤審”についての事情説明や謝罪を行ったとみられる。

 問題のシーンは同点で迎えた延長10回だった。ソフトバンク・中村晃の放った右翼ポール際への飛球がファウルと判定されたが、工藤監督のリクエストで本塁打に覆り、決勝2ランとなった。だが、試合後、オリックス・福良監督は「しっかり見てくれよ! なんであんなことが起きるんや」などと猛抗議。審判団が映像を再確認したところ、ファウルだったことを認めた。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ