【楽天】今江、監督推薦で5年ぶり3度目の球宴出場「素直にうれしいです」

2018年7月2日16時0分  スポーツ報知
  • 監督推薦での球宴出場が決まった今江

 マイナビオールスターゲーム2018(7月13日・京セラD、14日・熊本)の監督推薦選手が発表され、楽天からは今江年晶内野手(34)が選出された。16年に楽天に移籍後は初出場で、ロッテ時代の2013年以来5年ぶり3度目の球宴となった。この日、会見に臨んだ今江は「素直にうれしいです。その年に頑張っている選手やスター選手が集まる場所だと思う。年齢が上の方だと思うのでゆっくりベンチに座っていたいと思います」と控えめな意気込みを口にした。

 今季は内田ら若手の台頭もあって開幕スタメンを逃した今江だったが、最下位に沈むチームで存在感を示した。大阪・PL学園の先輩でもある平石洋介監督代行(38)が就任後は全10試合で「4番・三塁」で先発。1日終了時点で打率はチームトップでパ8位の2割9分6厘の数字を残している。ロッテ時代の05、10年に日本シリーズでMVPに輝き、03年のフレッシュ球宴ではMVPも獲得したお祭り男だが、「今回はMVPを取るとかじゃなくて、若い選手に色んなことを聞いてみたい」と話した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)