【阪神】馬場、フレッシュ球宴「楽しむだけ」

2018年7月11日18時13分  スポーツ報知

 阪神・馬場皐輔投手(23)が11日、「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2018」(12日・弘前)での快投を誓った。兵庫・鳴尾浜でキャッチボールなどで約3時間汗を流した右腕。ウエスタン選抜の先発が決まっており「打たれても、打たれなくてもいい経験になると思う。楽しむだけです」と初の舞台を心待ちにした。

 昨年ドラフト1位で入団。今季ウエスタン・リーグで6試合3勝1敗、防御率2・08と安定した投球を続け、6月21日のオリックス戦(甲子園)で1軍デビューを飾った。白星はつかなかったものの、6回1失点と堂々のマウンド。馬場は「賞とかは運が良ければ・・・。抑えられれば大丈夫です」と控えめに目標を立てたが、矢野2軍監督は「思いっきり楽しんで欲しい。(賞は)狙っていったらいい」と熱投を期待した。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)