【ロッテ】有吉「申し訳ない」前半戦最終登板で7失点KO

2018年7月11日20時58分  スポーツ報知
  • 3回途中で降板した有吉

 ◆西武―ロッテ(11日・メットライフドーム)

 ロッテの有吉優樹投手(27)が先発転向後、最短となる3回途中でKOを食らった。

 初回から3イニング連続で先頭打者を出すなど、テンポが悪かった。3回無死一塁から浅村に2ランを被弾するなど、7安打7失点(自責6)。「獅子おどし打線」の餌食となった左腕は「チームとして前半戦最後の試合なので気合を入れていこうという中で、なかなかリズムに乗れずこういった展開になってしまい申し訳ないです」と肩を落とした。

プロ野球
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ