殿堂入りの松井秀喜氏、長嶋さんに感謝「将来はまだまだ考え中」

2018年7月14日6時0分  スポーツ報知
  • 松井秀喜氏の殿堂レリーフ

 今年1月にエキスパート表彰で殿堂入りした巨人前監督の原辰徳氏(59)、プレーヤー表彰で野球殿堂入りした元巨人、ヤンキースの松井秀喜氏(44)、阪神・金本知憲監督(50)の表彰式が13日、京セラDでオールスター戦の試合前に行われた。巨人を指揮して3度の日本一に輝いた原氏は、大観衆に祝福され、改めて栄誉の喜びを表した。

 日米通算507本塁打を放った松井氏は、史上最年少43歳7か月で殿堂入りを果たし、巨人時代の02年以来となる球宴の舞台に凱旋した。

 1月の通知式はニューヨークで仕事のため欠席。巨人の後輩・坂本勇から花束を受け取り、「光栄な気持ち。野球人として最高の栄誉」と実感を込めた。巨人・長嶋終身名誉監督と1000日計画で4番の道を歩んだ。「毎日、練習に付き合ってくださり、心と技術を授けてくださいました。そのご縁がなければ、ここに立っていることはありません」。師に感謝を届けた。

 入団当時の4番で、巨人在籍最終年の監督だった原氏と同時受賞に「二重の喜びであります」。阪神・金本監督には「僕が巨人の頃はカープ。タイガースの金本さんを見たことない」と笑いながら、「何となく近いものを感じた。失礼ながら器用じゃなかった印象」と親しみと敬意を表した。

 オールスターでは95年に遅刻しながら3安打1打点でMVP。02年も同様に遅れたが、優秀選手賞に輝いた。97~99年の「4試合連続ホームラン」と01年の「3試合連続ホームラン」を思い出に挙げ、「自信の一つになった」と明かした。

 巨人の4番を担う岡本には驚きと期待を隠さない。2月の宮崎キャンプで臨時コーチを務め、「いい意味でびっくり。4番でここまで結果を残すとは。失礼ながら、キャンプのときは想像していなかった」。夢は続く。「私はまだまだ若く、野球人として成長していかなければ。セ・リーグの上原君と1つしか違わない。将来はまだまだ考え中です」。最も若い殿堂入りから、ゴジラが新たなステージに進む。(山崎 智)

 ◆松井 秀喜(まつい・ひでき)1974年6月12日、石川県生まれ。44歳。星稜高で甲子園に4度出場、高校通算60本塁打。92年ドラフト1位で巨人入団。MVP3度、首位打者1度、本塁打王、打点王各3度獲得。2003年にFAでヤンキース移籍。エンゼルスなどを経て12年限りで現役引退。13年に国民栄誉賞受賞、15年にヤンキースGM付特別アドバイザー就任。日本通算1268試合、打率3割4厘、332本塁打、889打点。日米通算2504試合、打率2割9分3厘、507本塁打、1649打点。

プロ野球
注目トピック