【広島】一発攻勢だ!丸、先制ソロ!松山も続いた

2018年7月16日18時50分  スポーツ報知
  • 1回2死、丸が先制の右越えソロを放つ (カメラ・馬場 秀則)

 ◆中日―広島(16日・ナゴヤドーム)

 中7日で試合に臨んだカープ打線が序盤からブランクを感じさせない一発攻勢で主導権を握った。初回2死、丸が吉見のスライダーをとらえ、右翼席に18号ソロ。続く2回も先頭・松山が右翼席前方のラバーに8号ソロを放り込んだ。

 広島は西日本豪雨の被災者に配慮し、前半戦最終カードだった9日からの阪神3連戦(マツダ)を中止にした。8日の巨人戦(東京D)を最後に試合から遠ざかっていたが、強力打線のフルスイングは健在だった。

 丸は「自分のスイングでいい形でとらえることができた。先取点につながって良かったです」と満足げだった。

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)