【オリックス】吉田正の同点二塁打、安達の勝ち越し犠飛で逆転勝利

2018年7月18日21時41分  スポーツ報知
  • 笑顔でガッツポーズをする(左から)安達、吉田正(カメラ・義村 治子)

 ◆オリックス―日本ハム(18日・京セラドーム大阪)

 オリックスは、逆転勝ちで連勝し、後半戦最初のカードを勝ち越し。ソフトバンクが西武に敗れたため、3位タイに浮上した。試合は1点ビハインドの6回に吉田正が同点二塁打を放つと、安達が勝ち越し犠飛を決め逆転。

 7、8、9回は吉田一、山本、増井の3投手が締めた。福良監督は「いつも言っているようにあの3人は信頼しています。きょうの勝ちは大きいと思います」と話した。

プロ野球
注目トピック