【中日】ガルシア、ノーノー逃すも10勝目「会沢さんはいい人だからアウトになってくれると…」

2018年7月18日22時9分  スポーツ報知
  • 鈴木博(中)からウイニングボールを受け取り笑顔のガルシア(左)

 ◆中日5―0広島(18日・ナゴヤドーム)

 中日のオネルキ・ガルシア投手(28)が、7回まで無安打無得点の快投で、リーグトップタイの10勝目。チームの連敗を2で止め、5位に浮上させた。

 8回の先頭・会沢に二塁をしぶとく越える右前安打を浴び、セ・リーグでは2013年6月28日の中日・山井(対DeNA=横浜)以来のノーヒットノーランという快挙は霧散した。それでも8回1安打無失点で、来日1年目で2ケタ勝利に到達。チームの2ケタ勝利は15年の大野(11勝10敗)、若松(10勝4敗)以来3年ぶりで、外国人に限れば11年のネルソン(10勝14敗)以来。来日1年目だと00年のバンチ(14勝8敗=最多勝)までさかのぼる。

 森繁和監督(63)が「『ノーヒットノーランを達成させてくれ』と言ってきたが、そう言い始めたらもうダメだなと思った」とジョークでたたえた殊勲の左腕に喜びを聞いた。

 (ヒーローインタビュー)

 ―ナイスピッチング。

 「いい投球ができて良かった。うまく捕手との呼吸が合った」

 ―味方が7回に集中打で援護。

 「たくさん点を取ってくれて本当にうれしい」

 ―何回に無安打無得点を意識したのか。

 「7回に意識した。でも8回に安打を打たれても気を抜かず、次の打者に全力で投げた」

 ―10勝目。

 「野球人生で初めての10勝。ファンの皆さんとチームメートのおかげ」

 (囲み会見)

 ―8回に初めての被安打。

 「打たれたことはしょうがない。次の打者に全力で投げた」

 ―打たれたときの心境は。

 「(会沢の)バットにボールが当たった瞬間に『これはヒットだ』と思って、思わず両手を挙げたよ」

 ―初回、自らの失策も絡み2死満塁のピンチを迎えたが、野間を一ゴロに打ち取った。

 「野間はいつも逆方向に打とうとするので、低めに投げることを意識した」

 ―5回1死に右脇腹を押さえ、投手コーチが駆けつけた。

 「(会沢を)チェンジアップで打ち取ったときに右脇腹をつった。5回終了後、トレーナー室でストレッチしてもらったら治ったよ」

 ―オールスターに推薦してくれた緒方監督率いる広島戦で快投。ただし唯一の安打を浴びた打者は、第1戦(13日=京セラドーム大阪)でバッテリーを組んだ会沢だった。

 「選出は本当に感謝している。でも自分の仕事をしないといけないと思って投げた。会沢さんもいい人だから、アウトになってくれると思ったんだけどね(笑い)。でもこれが勝負の世界」

 ―リーグトップ10勝目。

 「最優先するのはチームの勝利。毎試合、集中して勝てるように頑張りたい」

プロ野球
注目トピック