【楽天】渡辺直、走者一掃の適時三塁打で古巣へ“恩返し”

2018年7月20日20時44分  スポーツ報知
  • 6回2死満塁、右中間に走者一掃の三塁打を放った渡辺直

 ◆西武―楽天(20日・メットライフドーム)

 今季最多となる4連勝を狙うパ・リーグ最下位の楽天は、3点リードの6回1死満塁で、渡辺直人内野手(37)の走者一掃の適時三塁打で3点を追加した。

 昨季まで西武に所属していた渡辺直が“恩返し”とばかりに、古巣のエースから大きな一打を放った。3―0の6回1死満塁。「7番・二塁」で先発したベテランは、2ボールからの3球目、西武先発・菊池の149キロをはじき返した。打球は右中間を真っ二つに割る三塁打。6試合ぶりの先発起用に応え「打ったのはストレートです。チャンスだったので甘い球を積極的にいこうと思っていました。いいところで打つことができて良かったです」と笑顔だった。

 楽天は今江の7号ソロを含む2打点などもあって6回で菊池から6得点を奪いKO。今江も渡辺直から菊池攻略の助言を受けていたといい「(渡辺)直人さんのお陰で打てましたね」と感謝していた。

プロ野球
注目トピック