【オリックス】吉田正、バットを折っても弾丸19号2ラン

2018年8月15日19時7分  スポーツ報知
  • オリックス・吉田正

 ◆西武―オリックス(15日・メットライフドーム)

 オリックスの吉田正尚外野手(25)が、バットを折りながらも19号2ランを放り込んだ。1点リードの3回1死一塁。カウント1―1から高橋光の低めのフォークを捉えると、バットは根元から折れ、破片は一塁側ベンチ前へ。打球は低い弾道で右翼スタンドへ飛び込んだ。バット折り弾に「少し先だったんですが、しっかりと強く自分のスイングをすることができました。バットが折れてビックリしましたが、なんとか入ってくれてよかったです!」とコメントした。

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)