【DeNA】東、5回2失点で降板…11勝目逃す

2018年9月13日6時0分  スポーツ報知
  • 11勝目を逃したDeNA・東

 ◆広島7―2DeNA(12日・マツダスタジアム)

 両リーグの新人でただ1人2ケタ勝利を挙げているDeNA・東が、11勝目を逃した。

 1点リードで勝ち投手の権利がかかった5回に、先頭・菊池にスライダーを叩かれ、左翼席へ同点ソロを被弾。続く6回2死満塁で打席が回ると、ラミレス監督は代打・佐野を告げた。結局、佐野は中飛に倒れ、勝ち負けがつかないまま80球で交代。不完全燃焼のマウンドに「(菊池の)本塁打は慎重になりすぎた。3者凡退の回がなくて、野手の攻撃のリズムを作れなかった」と反省していた。

プロ野球
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)